本文へスキップ

リゾートハワイ不動産はコンドテル・タイムシェアリセールを専門とする会社です。

TEL. 808-791-2921

1888 Kalakaua Avenue, Suite C312 Honolulu, HI 96815

購入の手続きHow to purchase

購入物件


新規販売物件

1)一つは新規開発中の物件で、これはホテルコンド開発会社が指定するの不動産会社が販売を担当いたします。当社は購入希望者(個人または法人)にその販売会社をご紹介いたします。

この場合には売買契約は購入者と開発会社との間での契約となり、当社は販売協力会社(Cooperating Broker)という位置づけになります。

お目当ての物件が見つかりますと、売買契約を締結いたします。
最初の手付金は通常$1,000となっています。

締結日から30日間の期間は物件詳細検討期間(Due Diligence Period)となっておりますので、物件詳細資料を検討した結果、30日間以内であれば、契約を違約金なして破棄することができます。手付金の
$1,000は払い戻しされます。

この期間をすぎますと、開発会社により異なりますが、中間金として手付金を含めて購入金額の10〜20%の中間金を支払います。

物件登記手続きには、エスクローサービス会社が中にはいります。登記までには大体45日ぐらいかかります。 エスクローの経費(3か月分の
管理費の前払いを含み)は物件金額にもよりますが、$7000〜$10,000ぐらいがかかります。

現在新規物件として購入できるワイキキのホテルコンドは、イリカイ・ホテル・コンドミニアムとリージェンシー・アット・ワイキキなどです。


再販売物件


日本ではホテルの所有者がホテル運営も行なうのがまだ一般的です。しかし、ハワイでは1980年代から、一棟ものホテルやコンドミニアムなどの不動産は、所有と管理する会社が別々であるのが一般的でした。稼働率が良いハワイの不動産とは言えども、ホテル経営を専門にする会社がマネジメントすれば、さらなる経営効率が高まるからです。


即日ほぼ完売のトランプタワーもホテルコンド形式 今までは一棟のホテルやコンドミニアムをひとつの不動産資産として管理運営してきました。ハワイという最高のブランドが付いた不動産であり、アメリカ合衆国というカントリーリスクの少ない最高ブランドの不動産です。観光客が激減することもなく、部屋の稼働率は8割近くをキープしていました。

しかし、同時多発テロによる長期にわたる観光客の減少などが原因で、利用客の減少や、多額の建設費の借り入れ返済スケジュールに支障が生じてきます。そのような背景から建設資金を早く回収しリスクを減らし、また、新たな不動産開発に投資するという短期間で資本を回転させるのに有利なシステムが求められてきました。

ハワイではタイムシェアという週単位の所有権が早くから販売されてきました。タイムシェアをレンタルして利用することも可能で、ホテルコンド(コンドテル)と一件よく似ておりますす。しかし、根本的にタイムシェアとは異なるハワイの本 物の不動産です。ホテルコンドはハワイのタイムシェアとは利用目的も異なり、その資産価値は通常のコンドミニアムや一軒家と同じで、一般の不動産と同じように売買されます。

2000年を過ぎた頃からは新築だけではなく、改装されたハワイのホテルやコンドミニアムの部屋そのもの自体を一部屋づつ、一般に販売するようになり、現在のホテルコンドが主流となってきています。環境保護や開発抑制による新たな不動産開発が難しいハワイ、特にワイキキでは、不動産の新たな供給源として歓迎され、地元の人々の投資物件としても人気となっています。


弊社のご紹介する物件について

2つ目の物件としては、再販売物件(リセール)の購入です。
これはすでにどなたかが新規物件を一度購入したものを売却するために市場に出している物件です。

ワイキキの物件としては、ルアナ・ワイキキ、 アロハ・サーフ, パームス・アット・ワイキキ, アラモアナ・ホテル・コンドミニアムなどです。